ロゴ

交通事故に遭ったら弁護士に相談

交通事故に遭うとお互いの保険会社の相談だけで済んでしまうこともよくありますが、大きな事故にあった場合は弁護士を頼むと安心です。怪我に対する補償や働けなくなった分の給与など何種類かのお金がもらえますが、保険会社の判断に納得がいかないこともあります。一人で戦おうとせず専門家の力を借りましょう。

借金問題も弁護士相談で負担軽減

借金の返済に困った時も弁護士に相談しましょう。債務整理を通して状況を整理してくれます。過払い金を取り戻すことや、返済の猶予を取り付けてもらうだけでも随分と首が回るようになります。借りた責任がなくなるわけではありませんが、返済できる筋道を立ててもらえれば結果的に短期間で状況を回復することができます。

債務整理の手段

ジャッジガベル

任意整理で利息を見直す

債権者との話し合いをベースにして金額や返済計画を見直す方法です。一般的に債務整理と言われるときはこの任意整理を指すことが多いです。利息の計算を利息制限法に基づいて計算しなおし、過払い金があれば返還交渉を行うことで支払う金額の減額が見込めます。返済期間を延長してもらうことができれば月々の支払額は減ります。

特定調停で費用を節約

手続きが比較的簡単で専門家に頼らず自分で行えるのが特定調停です。債権者からの取り立てを止めることができ、民事執行手続きの停止申し立てもできるので直面している問題をいったん解決することができます。ただし過払い金請求を別途で起こす必要があったり、返済計画を守れないと即差し押さえになったりするケースがあるなどデメリットにも注意したい方法です。

個人再生でカット

財産を処分されずに借金を大幅にカットできる方法ですが、手続きが煩雑になる傾向にあります。申請に必要な書類を集めるときは早めに準備することを心掛けましょう。また、自分の持つすべての債務を対象となり、特定の債務を対象から外すと言ったことはできません。奨学金など、性質の異なる債務も自分の債務であればすべて含まれます。

自己破産は借金が免除される

裁判所へ支払い不能を申し立て、借金の免除を認めてもらうので多重債務の問題は一気に解決します。ただしすべての資産を手放す必要があり、保証人がついている債務は保証人に支払いが求められます。法律上、一定の職業に付けなくなることもあるので、自己破産を選択するときは自分の生活に何が起きるのか十分に調べてからにしましょう。

交通事故トラブルで後悔しない【弁護士依頼で満足のいく結果を得る】

法律書

自分で解決が難しい問題は弁護士や税理士を利用しよう

借金も交通事故問題でもお金が絡んできます。このようにお金の支払いが絡む問題は、専門家の力を借りると比較的楽に解決できたりします。追い詰められて自分で困り果てる前に弁護士を頼るのが賢い手です。状況を整理してくれ、自分の希望にできるだけ添える形で返済可能な形を作り出してくれます。税金の支払いに特化したことであれば税理士も心強い味方です。支払えないまま滞納してしまう前に必ず相談に行きましょう。支払い期限前であれば、打てる手がいくつかあります。何事も期限を超えてしまったりギリギリになったりすると取れる手段が減っていきます。早い段階で専門家に任せることで最適な判断を下してもらえます。

広告募集中