ロゴ
HOME>コンテンツ>建築業許可申請は行政書士へ相談すると簡単確実!

建築業許可申請は行政書士へ相談すると簡単確実!

法律書

建築業許可申請とは

建設工事を業務とするためには、一部の軽微な工事を除いて原則的に国または都道府県の許可を受ける必要があります。具体的な申請先としては、営業所の数が一か所の場合はその所在地を管轄する都道府県知事、二か所以上の場合は国土交通大臣となります。建設業の許可申請はその業種ごとに行うこととされ、土木工事や建築工事をはじめとする29の種類ごとに許可を受けなければなりません。ただし、複数の業種の許可を同時に申請することや、あるいは後日追加して取得することも可能です。合計29種類ある建設工事業務の中で、住宅やビルなどの建築物を建設する工事を指すのが建築工事です。建築工事を業務として行うには、建築業許可が必要となります。許可の有効期限は他の建設工事業と同様に5年間で、更新のためにはその都度申請をしなければなりません。

裁判

行政書士が代行してくれる内容

建設工事関係の業務の許可申請は、資料収集や提出書類の作成あるいは必要となる書類の取り寄せなど、不慣れな人にとっては複雑で骨の折れる事務作業です。これは建築業許可の手続きに関しても言えることで、スピーディーかつ確実な申請を行うために行政書士に代行を依頼する人も数多くいます。行政書士は官公庁等に提出する書類のスペシャリストで、さまざまな書類の作成や提出を代行することができます。建築業許可の新規申請はもちろん、5年ごとの更新や追加取得の手続きを依頼することも可能です。また、申請時の内容の変更手続きや毎年必要な決算報告の作成をお願いすることもできます。つまり、建築業許可関係の事務仕事はすべて任せてしまうことができるのです。煩わしい書類の作成や提出に悩まされずに事業に専念するためには、行政書士の活用は賢い選択だと言えるでしょう。

広告募集中